HOME > 今週のおすすめの一冊
おすすめ本:カテゴリー検索
おすすめ本:著者50音検索
書籍年間売上ランキング
今週のおすすめの一冊
おすすめ読書グッズ
文学賞の紹介
リンク

1リットルの涙
著者: 木藤亜也
出版社: 幻冬舎文庫
価格:¥ 560
初版: 2005/02
ドラマ化され話題にもなったので内容は知っているかもしれませんが、難病と戦う木藤亜也さんの闘病記です。病気と闘う彼女の心情をリアルに日記という形で書いたものを、お母さんがまとめ出版されました。
文庫の初版は2005年ですけど、ハードカバーは1986年が初版なんですよね。実は昔の作品なんです。 彼女の前向きな思考、周りの人を気遣う心優しい想いがこの本には詰まっていて、それがあまりにも健気で心を打たれました。進行性の病気のため、日が経過するに従って病気も悪化していきます。正直、読み進めるのがだんだん辛くなりました。ページをめくりたくないと少し休憩したこともありました。でも、亜也さんはそれでも希望を持っている。そんな亜也さんを思うと、辛くても最後まで読まなくてはいけないと思うようになりました。
彼女は「いろいろな人に迷惑ばかりかけて、私は何もできない」というようなコトを何度も書いています。とんでもないと言いたい。本が出版され、ドラマ化され、それは結果論かもしれないけど、彼女は何万人もの人に勇気を与えたのです。彼女のがんばる姿を通して、生きることの大切さを教えたのです。 彼女のスピリットを見本にして生きて行きたい。 そして、亜也さんに「ありがとう」と言いたいです。